島原鉄道グループ鉄道バスフェリーホテル旅行タクシー島鉄観光
ホーム  >  注目情報  >  日本の1号機関車が走った島原鉄道

注目情報

日本の1号機関車が走った島原鉄道

2016年7月5日(火)
1号機関車

1号機関車とともに歩んだ島原鉄道

 明治5年(1872年)新橋~横浜間を走った日本で最初の鉄道「1号機関車」は、明治44年(1911年)に鉄道院から島原鉄道へ払い下げられ、同年に開通した島原鉄道の「1号機関車」としても活躍しました。

 島原鉄道へやってきた、この「1号機関車」は島原半島で最後の活躍をすることとなります。

 

写真1
 

 昭和5年(1930年)、車体保存の話がもち上がり、博物館入りが決まると一般公開し、盛大に送別式が行われました。

 その際に、島原鉄道の初代社長である植木元太郎が、苦楽を共にしてきた機関車ゆえに、別れを惜しみ、これまでの感謝の意を込めて「惜別感無量」と記したプレートを車体左側タンク部分に取り付けました。


写真2

写真3
 

 その後、1号機関車は鉄道記念物(1958年指定)となり、国の重要文化財(1997年指定)にも指定され、現在はさいたま市の鉄道博物館に保存展示されています。

 車体に取り付けられた「惜別感無量」と記されたプレートは、現在でも見ることができます。

 

写真4

 

 

~ なぜ、国宝級の貴重な機関車が島原鉄道へやってきたのか ~

1号機関車についてさらに詳しく知りたい方はこちら

 

 1.パンフレットダウンロード

  添付資料 日本の1号機関車が走った島原鉄道(1号機関車パンフレット) 新しいウィンドウで(PDF:3.48メガバイト)

 

 2.1号機関車パンフレットの無料配布について

 

 

■『1号機関車かすてら』も好評販売中です。お土産や贈り物にいかがでしょうか? 

1号機関車かすてら

 

 

 

 列車デザイン

新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。