島原鉄道グループ鉄道バスフェリーホテル旅行タクシー島鉄観光
ホーム  >  企業情報 [ ニュースリリース ]  >  「幸せの黄色い列車王国」 第1回ワークショップを開催しました。

企業情報

「幸せの黄色い列車王国」 第1回ワークショップを開催しました。

最終更新日[2015年9月11日]
第1回ワークショップ

「幸せの黄色い列車王国」 第1回ワークショップを開催しました。

 平成28年度の長崎の教会群とキリスト教関連遺産の世界遺産登録(予定)や、平成34年予定の九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)の開業などが予定されており、私たちは地域内外から多くのお客様にお越しいただく取り組みを進めたいと思っています。

 そのためには、地域全体のブランド力を向上させ、地域全体の魅力を高めることが求められます。

 そこで長崎新幹線・鉄道利用促進協議会からの補助金を活用して外部専門家にも協力を依頼し、行政、各関係団体及び地域の皆様方と一緒になって、地域全体の付加価値を高めるためのプロジェクト事業を始めました。

 

       プロジェクト名は幸せの黄色い列車王国」。

 

第1回ワークショップの内容は次のとおりです。

 

日  時   平成27年9月10日(木) 13:30~16:00

開催場所   島原駅2階ホール

アドバイザー 日本観光鉄道 代表 野村 浩志 氏

テーマ    地域の魅力再発見と情報発信と新しい着地型旅行商品造成

       ・『黄色』で語れる島原半島の話題

       ・『幸せ』で語れるエピソード

       ・諫早・島原半島の観光資源の掘り起こし(観光スポット・食・体験・人物・文化・歴史など)

目  的   地域の観光や特産物などの魅力を「鉄道」と結びつけて付加価値を高め、交流人口の拡大はもとより、地域

       の情報発信力、ブランド力の強化により地域全体への幅広い経済波及効果を狙う

 

会場風景

 

 ワークショップは、A班~E班の5班に分かれ、それぞれの班でテーマに沿った話し合いが行われました。静かな雰囲気から始まりましたが、話し合いが進むにつれ、自然と皆さんの表情も柔らかくなり、年齢や肩書にとらわれず、それぞれの意見や考えがどんどん出るようになっていました。そして後半になると笑い声も飛び交うようになりました。

 最後に、各班で出た意見をまとめ、班ごとに皆さんの前で発表を行いました。同じテーマなのですが、それぞれの班からは違う意見や考え方が出てきて、それぞれのアイデアを持ち寄るこのワークショップの大切さを改めて実感いたしました。
 今回、ワークショップにご参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。

 

ワークショップ

 

 

 第2回ワークショップは10月下旬頃に予定しております。今回出していただいた沢山のアイデアをもとに、絞り込みを行い、地域資源の商品化に向けて、より具体的な話し合いを行う予定です。また、第3回ワークショップも11月上旬に予定しております。

 引き続き皆様のご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

列車デザイン

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。