島原鉄道グループ鉄道バスフェリーホテル旅行タクシー島鉄観光
ホーム  >  新着情報  >  1号機関車の歴史を伝えるためのパンフレットを制作しました。

企業情報

1号機関車の歴史を伝えるためのパンフレットを制作しました。

最終更新日[2016年9月9日]

日本の1号機関車が走った島原鉄道

 島原鉄道ではこの度、1号機関車のパンフレットを制作いたしました。

 1号機関車とは、明治5年に新橋~横浜間で日本で初めて鉄道が開通した際の1号機関車であり、その後、明治44年の島原鉄道の開業に合わせて鉄道院から払い下げを受け、当社でも1号機関車として活躍した貴重な蒸気機関車です。

 現在は国の重要文化財として、さいたま市の鉄道博物館に保存展示されています。

 

 このような貴重な歴史があるにもかかわらず、地元でもあまり知られていないのが現状です。

 そこで、まずは知ってもらうことが重要と考え今回のパンフレットを制作いたしました。

 

【制作したパンフレット】

1号機関車パンフレット

《 パンフレットは、島原鉄道有人駅、バス営業所、諫早・雲仙・島原・南島原市役所等で無料配布しております。》

 

 弊社では、このような貴重な歴史やストーリーを活用して、平成34年に予定されている九州新幹線西九州ルートの開業に向け、諫早、島原半島地域への集客を図る取り組みを進めているところです。また、島原市の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」においても、1号機関車をモチーフにした観光列車を走らせる計画が盛り込まれており、当社としても実現に向けて取り組んでまいりたいと考えております。

 新幹線効果を最大限に引き出して地域の活性化を図るためには、地域全体が一緒になって取り組む必要があります。今回のパンフレットはその機運をつくるきっかけになればと思っております。

 日本で最初に走った1号機関車とともに歩んだ島原鉄道の歴史を、ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】

 島原鉄道(株)鉄道課 TEL:0957-62-2232


列車デザイン

新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。