HISTORY 沿革

1908 (明治41年)

島原鉄道株式会社創立

1910 (明治43年)

諫早~愛野間敷設工事着工


1911 (明治44年)

諫早~愛野間が開通、鉄道営業開始


1913 (大正2年)

諫早~南島原間営業開始(全線開通42km)


1930 (昭和5年)

諫早~島原間自動車運送事業営業開始


1934 (昭和9年)

諫早~南島原間ガソリン車運行開始


1943 (昭和18年)

口之津鉄道株式会社を吸収合併し、営業粁78.5km(諫早~加津佐間) となり合併により口之津~鬼池航路の船舶運航事業営業開始


1948 (昭和23年)

自動車整備事業営業開始


1960 (昭和35年)

一般路線貨物自動車運送事業営業開始


1966 (昭和41年)

貨物自動車 長崎~大阪間路線運行開始


1968 (昭和43年)

列車集中制御装置(CTC)による運行開始
蒸気機関車廃止


1969 (昭和44年)

雲仙島原自動車株式会社を島鉄タクシー株式会社に社名変更


1971 (昭和46年)

貨物自動車路線を大和運輸へ譲渡


1973 (昭和48年)

不動産賃貸事業(ユニード島原店)営業開始(現イオン島原店)


1978 (昭和53年)

ホテル事業(諫早ターミナルホテル)営業開始


1989 (平成元年)

付帯関連事業 島鉄パーキング営業開始


1995 (平成7年)

自動車整備事業営業部門の廃止(認証工場に変更)
島原鉄道(株)資本金を3億円増資し、新資本金8億円となる
(長崎県、島原市、諫早市、沿線17町の出資を受ける)


1997 (平成9年)

島原~大牟田(三池港)旅客船定期航路運行開始


1998 (平成10年)

付帯関連事業 島鉄パーキング営業廃止
島原~大牟田(三池港)旅客船定期航路に新高速船「島鉄1号」就航


2004 (平成16年)

商事部門を発足し、物品販売業開始


2007 (平成19年)

長崎県営バスの島原半島撤退に伴い、島原半島一円の路線バスとしては当社単独運行となる
島鉄タクシー(株)4千万円増資し、新資本金5千万円となる
キハ2008、2016が旧国鉄カラーに塗装。それに伴い「旧国鉄復刻記念乗車券」を発売


2008 (平成20年)

鉄道路線の一部(島原外港~加津佐間)を平成20年3月31日の営業終了をもって廃止


2009 (平成21年)

島鉄観光(株)38百万円増資し、新資本金7千万円となる


2010 (平成22年)

2月

愛野駅駅舎の塗装変更イベント。市民200名が集まり駅の外壁を塗装。白い外壁には葉がハートの形をしたピンクの大小様々なクローバーを表現。


2011 (平成23年)

8月

島原外港駅新駅舎竣工。


2012 (平成24年)

3月

ワンマン列車車内で地元高校生による観光案内放送を開始。島原商業高校、国見高校、諫早高校が協力し、それぞれ島原市内、雲仙市内、諫早市内の観光案内をする。


2013 (平成25年)

10月

第1回島鉄健康ウォーキングを島鉄湯江駅~松尾町駅間で実施。以降継続的に実施する。


2014 (平成26年)

9月

島鉄サポータークラブの会員を募集開始。大人2000円、小人1000円。会員には島鉄金券回数券500円分や島鉄グッズなどを推呈。


2015 (平成27年)

6月

南島原駅新駅舎が供用開始。13日には落成セレモニー実施。

11月

フェリーあまくさⅡが就航。


2016 (平成28年)

1月

かつて島原鉄道で使用していた国鉄キハ20系車両のカラーリング(通称”赤パンツ”)をラッピング列車として復刻。あわせて、“赤パンツ”車両の絵柄が入った”赤パンツパンツ”を発売。話題を呼ぶ。

3月

「幸せの黄色いハンカチ」を大三東駅に掲げる。

島原駅に「鯉駅長」登場。体長80cmの黄色い鯉で、「幸せの黄色い列車王国」のイメージキャラクターとなる。

島原港~三池港間の「島鉄高速船」を廃止、営業権をやまさ海運に譲渡。4月1日に高速船引継ぎ式を催行。


2017 (平成29年)

4月

島原観光ビューロに、路線バスの廃車1台を譲渡。芝桜公園でフリースペースとして利用したのち、島原城にて使用される。


2018 (平成30年)

1月

地域経済活性化支援機構による再生支援決定。長崎バスグループの傘下に入る。

4月

長崎バスから中古車が導入され、長崎バスカラーの路線バスの運行を開始。

8月

諫早駅新駅舎が完成。8月 島原鉄道独自の駅となり、自社窓口を設置。

古部駅前のお茶カフェ「ぽっぽや茶葉」と「島原農業高校」と連携した「しまてつカフェトレイン」を諫早~古部~諫早で運行。